様々な観点から、売却方法を考えてみよう

総合的な判断とは?

総合的な判断をするということの一例として、車の売り方を議論する際に常に比較される「下取り」と「買取」から考えてみましょう。

テレビCMなどの影響によって、ほとんどの人が、下取りよりも買取が高値になり、複数社による同時見積もりが一番賢い車の売り方だと信じているのではないでしょうか。
しかし、必ずしもそれが正しいとは言えません。
確かに、特に「売れやすい」車に関して言えば、当然下取りより買取を利用したほうが高値が付けられます。
しかし、よく売れる条件を満たしていない車に関しては、買取一択で考えない方が良いでしょう。

また、下取りの価値は表面上の買取価格だけでは判断できないという点も頭に入れておきましょう。
単にその時の買取価格だけでなく、次の車の購入価格とのバランスも考慮した上で、総合的な判断をしましょう。

様々な選択肢を知って、交渉もしてみよう!

その車の相場を知っておかなければ、その査定価格が妥当なものなのか判断しかねますよね。
例えば車の買い替えのために車を売ると言う方は、購入車種の見積もりと併せて下取り車も査定してもらいましょう。

新車ディーラーであれば、はじめに査定してもらった価格を、その車の買取価格の最低ラインの目安とします。
そしてその査定価格よりも高く売ることを目標に動いてみましょう。
そのままディーラーに下取りに出す場合でも、買取店に持ち込む場合でも、最初の車査定価格を元にして交渉したり買取店を競合させたりすることで査定額アップが期待できます。
なので最初の車査定価格は最低ラインの目安にして、交渉につなげましょう。
値引き交渉するためには、多くの販売店を回る必要が出てくるかと思いますので、インターネット上での見積もり予約を利用するなど、少しでも効率良く進めていきましょう。