ブローカーが教える!正しい車の売り方

下取り

ディーラーで下取りに出す場合のメリットとしては、大きく2点挙げられます。
まずは手間がかからないこと、そして次の車が来るまで乗っていられるということです。
ディーラーの担当者に任せておけば、書類の準備だけですべて手続きを行ってくれて、新しい車の納車まで乗り続けられます。
日常的に車を使う人にとっては、後者のメリットは特に重要なのではないでしょうか。

ただ一般的にディーラーの査定額は、中古車買取店よりも査定額が低いといった側面もあります。
しかし買取店でも値段がつかないような車の場合には、ディーラーでの下取りを考えた方が良いでしょう。
例えば低年式車、不人気車、過走行車、といったものでも、値引きの一環として下取り価格をつけてくれる場合があります。

買取

中古車買取店で売る場合のメリットと言えば、なんと言っても「高価買取」ではないでしょうか。
ディーラーに下取りに出すよりも、基本的には高値で買い取ってくれる場合が多いです。
実際に車を売ったり、下取りに出そうと考えたりする場合には、まず買取店での査定は欠かせないでしょう。

また、買取店の場合は無料出張査定をしてくれるところが多く、自宅や駐車場など自分の指定する所まで出向いてくれて無料で査定してもらえるのです。
近隣に買取専門店がない、忙しくて買取店に行けないような人にとっては大きなメリットですよね。
無料出張査定の依頼は、インターネット上で完結するので気軽に行えます。
価格の相場を把握しておくといった点からもおすすめしたいと思います。